トレチノインハイドロキノン乳首

 

多くの女性の悩み、コンプレックスのち首の黒ずみは確実に解消します

乳首の黒ずみが気になっている多くの女性は少しでも薄くするためにネット通販で「乳首をピンクにする」とか「塗るだけでピンクに」などというキャッチコピーに惹かれて、数千円の医薬部外品を購入したりしますが、その殆どが効果がなく、何も変わらないという経験をしていたのではないでしょうか?

 

多くの女性の悩み、コンプレックスのち首の黒ずみは確実に解消します

実は私も長年、乳首の黒ずみに悩んでいたひとりですので、楽天市場などで数多くの乳首の黒ずみをケアするという商品をたくさん買っていた時期があります。

 

毎年毎年、乳首の黒ずみをケアする新しい化粧品が発売される度に、効果を期待して凝りもせずに購入してはガッカリする繰り返しで、最終的には「もう乳首の黒ずみを解消する方法はないのでは?」と思ってしまうほどでした。

 

そんな時、美容整形外科医の私の友人と出かけることになり、こっそり相談をすると「トレチノインハイドロキノン療法」という美白治療法を教えてもらったのです。

 

乳首の黒ずみを解消する方法は

そもそも乳首の黒ずみは、色素沈着しているのでシミやくすみよりも進行した肌トラブルで、医薬部外品や化粧品などではなく、しっかりとした美白治療が必要になるとのことでした。

 

乳首の黒ずみを解消する方法は

でも日本では美白治療については、保険がきかない贅沢な治療になりますので、治療費や治療薬は保険適用外診療になり、かなり高額になります。

 

美容整形外科や美容皮膚科でも乳首の黒ずみの治療はあるそうですが、治療薬や治療費を合わせると月に5万円以上かかることを聞いて驚いたのを今でも覚えています。

 

なんとか安く治療する方法はないのか友人に聞いてみると、あまり大きな声では言えないけれどと言って教えてくれたのが、個人輸入の通販サイトで治療薬を購入して、自宅で美白治療をするという「トレチノインハイドロキノン療法」でした。

 

そこから、友人に詳しく教えてもらった方法で私は半年間、トレチノインハイドロキノン療法を実践して半年で驚くほど改善してしまいました。

 

治療薬は美容整形外科だと月3万円以上はするのですが、信頼できる個人輸入の通販サイト「オオサカ堂」で月4,000円程度で購入しました。

 

トータル的に考えると、美白治療に費やしたお金は10分の1程度でしたので、かなりお得にコンプレックスを解消できたと言えます。

 

そんな経験をもとに、乳首の黒ずみで悩む人がひとりでもいなくなるように、このホームページでご紹介していければと思って作り始めました。

トレチノインハイドロキノンを個人輸入で購入するメリットは?

トレチノインとハイドロキノンを個人輸入で購入することでお得になる3つのメリットがあります。

治療薬代が10分の1程度と格安になること

美容整形外科で購入すると治療薬代が月3万円〜5万円なのに、個人輸入のオオサカ堂で海外医薬品を購入すると月4,000円程度で治療薬代が10分の1になります。

乳首の黒ずみを見せたりする必要がないこと

美容整形外科など病院に通院した際には医師が男性でも自分の「乳首の黒ずみ」を見せたり、カウンセリングで根掘り葉掘り聞かれたりしないので恥ずかしくはありません。

忙しい女性には時間的メリットがあること

美容整形外科や美容皮膚科への通院時間、病院で診察を待つ待ち時間などが必要ないことや、治療薬は自宅のドアまで配送してくれるので、普段忙しい女性には助かります。

 

やはりコンプレックスである乳首の黒ずみを美容整形外科で治療のたびに男性の先生に見せるというのは抵抗がありますよね。

 

更に治療前と治療中、治療後など写真を取られたりするので、かなり抵抗があります。病院のホームページに載せられたりしたら、などと心配すると個人的にはかなりの精神的苦痛があります。

確かに美容整形外科で治療する方が安心感はあります。

私自身、美容整形外科が絶対にダメと言っている訳ではありません。

 

確かに美容整形外科で治療する方が安心感はあります。

やはり美白治療ですから、美容整形外科に通院して医師と相談しながら治療をしていく方が安心感はあると言えます。

 

時間的余裕と経済的余裕があれば、ぜひ美容整形外科に相談に行ってからトレチノインハイドロキノン療法で乳首の美白をすることをオススメします。

 

ただ私のように、時間的にも経済的にも余裕がない場合は、信頼できる個人輸入のオオサカ堂でハイドロキノン治療薬のユークロマクリームとトレチノイン治療薬のスティーバAを購入することでかなりお得になりますから、気になる方は一度購入してみることをオススメします。

 

乳首の黒ずみを解消する3つの必須治療薬はこちらです

ユークロマクリーム(ハイドロキノン治療薬)

美容整形外科で処方されるハイドロキノン治療薬と同等の効果がある海外医薬品のユークロマクリームは個人輸入を通して最も売れているハイドロキノン治療薬で安全性も高く、日本でも既に多くの愛用者がいる商品です。通常、美容整形外科だとハイドロキノン4%が10gで約6,300円程度ですが、ユークロマクリームは4%が20gで1,400円程度とかなりお得な値段であるため、非常に人気の商品です。

トレチノイン治療薬を美容整形外科などで処方された場合、トレチノイン0.1%が10gで約8,400円前後と高額な治療薬ですが、BIHAKUENトレチノインの場合はトレチノイン0.1%が20gで約3,500円程度と格安で購入できます。トレチノイン治療薬はBIHAKUENが日本で処方される治療薬に一番近く効果を感じられましたが、異なる種類のトレチノインジェルは色みも薄く、セメダインのような臭いで効果が感じられないためオススメできません。少し高くてもBIHAKUENトレチノインをオススメします。

トランサミン250mg(トラネキサム酸サプリメント)

外用薬は上記の2つでOKですが、ワンランク上の美白治療を意識している女性に特にオススメなのが、このトランサミン250mgです。トラネキサム酸は美白治療では有名な成分で、日本でも「シミ飲んで治そうハイチオールC」などでも少量使われている成分です。処方されるとかなり高額で一部のセレブしか服用できないトラネキサム酸が個人輸入のオオサカ堂を利用することで通常のサプリメント価格で購入できます。